2万円で作る素敵バストアップ

バストアップ
Pocket

バストアップだとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

 

英語が母国語の人は、よく日本人が作った和製英語をバカにする。私もそういう人だった。ある日、和製英語についての論文を書いている時に、大事なことに気づいた。研究資料の本の中にこういうことが書いてあったのだ。「和製英語は英語じゃない。日本語です。日本人のために作られたものです。」そうなんだ。英語じゃないんだ。確かに、英語だと思えば、笑えるけど、英語の由来がある日本語単語なら、おかしくない。私が気づいたのは、殆どの日本人は、広告などで使われている英語や和製英語が正しいかどうかのを全然気にしていないということだ。なんでかというと、英語のネィティブスピーカーのためにある単語じゃないからさ。

 

 

冷静にパニックする。和製英語じゃないけど文法チェックした方がよかろう?

 

How do I panic carefully?

 

Native English speakers often make fun of Japanese English. I did too, until I was doing research one day on a paper about Japanese English, and I came across a statement that has forever changed how I do research. It said, "Japanese English is not English. It is Japanese. Japanese English is for Japanese, and used by Japanese." That makes sense. It's not English. It may have it's origin in English, but it ceased to be English when the Japanese exercised their creative license on it. And what's wrong with that? I realized that most Japanese don't give a hoot if either Japanese English or weird English phrases used in advertising are actually grammatically correct English. Why? Because it was made for them, to be used by them.

 

私は和製英語を全然馬鹿にはしない。逆に、大好き。こういうクリエイティブな単語を考えた人たちに一度会ってみたい。だって、多くの和製英語の単語の意味は、わからなくてもなんとなく想像ができる。和製英語のベビーベッドは、英語のcribよりよっぽどわかりやすいやろう?オープンカーはconvertibleよりよかろう?そして、私の一番好きな和製英語、パイプカットの魅力を語りたい。言うまでもないと思うけど、パイプカットは英語のvascetomy より相当いい単語。私はアメリカの大統領なら、vascetomyを廃止して、パイプカットを全国に流行らせる(単語のことね。)ここから、ちょっとした和製英語講座をしようかな。

 

 

 

I don't make fun of Japanese English at all. I love it as being incredibly creative, and I want to meet the geniuses who made it up. I mean, in most cases, even if you have never heard the word, you can kind of figure it out because it is so straightforward. Think about it. It makes much more sense for a baby to sleep in a baby bed (Japanese English) than a crib (English.) Taking a drive in an open car sounds much more appealing than hopping into a convertible (English.) And last of all, I must give yet another shout out to my favorite Japanese English word of all, pipe cut (vasectomy) I love the practicality of this word so much that, if I were the President of the United States, I would totally get rid of the word vasectomy and replace it in every dictionary with pipe cut. Anyways, let's take a little time here for a lesson in Japanese English.

 

 

1。「マイ」が入った単語は全部和製英語。マイカー、マイ箸、マイペース、マイホーム、マイバック。もうすでに果てしなくあるのに、どんどん新しい単語が増えて来ている。英語の"my"は日本語の「私の」と同じ意味をしているけど、和製英語の「マイ」の意味は「自分の」という意味がある。例えば、「マイカーで行きますか?」と聞くと、この意味は無限にある。

 

1。私の車で行きますか。

2。あなたの車で行きますか。

3。お婆ちゃんの車で行きますか。

4、お婆ちゃんの妹の車で行きますか。

5。お婆ちゃんの妹の親友の車で行きますか。

 

などなどなど。

 

だから文脈とニュアンスで意味を把握するしかない。和製英語の「マイ」は日本の「私の」より軽い感じだからよく使われている。研究で勉強になったのは、「私の」を使ったら、相当わがままに聞こえるけど、「マイ」を使ったら、そのニュアンスはない。おもしろかろう?

 

 

 

1.  "My." Any phrase which uses the English word "my" is more than likely Japanese English. "My car," "my hashi" (chopsticks) "my pace" "my home," "my bag." The variations are endless, and new combinations are continuing to invade the Japanese langauge. Unlike in English where "my" means "belonging to the speaker," in the Japanese English usage, it means "one's own," In other words, "my car" could mean, well, my car, your car, his car, his grandmother's car, or even his grandmother's sister's best friend's car. Although Japanese has a native term for the English equivalent of "my," (watashi no), it is seen as much stronger and more selfish than the lighter English "my." Interesting, right?

 

 

2。アップ。次に「アップ」が入ったフレーズは間違いなく和製英語だ。スキルアップ (to improve one's skill)、レベルアップ (to advance a level)、バストアップ(breast lift) 、ヒップアップ (lift one's butt)、ベースアップ (pay raise.) アップは単語によってものの意味が違う。

 

2.  Up. Any Japanese phrase using the English word "up" is more than likely Japanese English. Some examples of this are skill up, level up, bust up, hip up, base up, etc. I am sure you would like to know the perfect English word for all of these, but alas, it totally depends on the context. 

 

3。車用語。車用語の和製英語は半端ないバイ。フロントグラス (windshield)、サイドブレーキ (parking break)、ウインカー (turn signal)、サイドミラー(passenger mirror)、カーナビ (GPS), ハンドル (steering wheel), ガソリンスタンド (gas station)、クラクション (horn)、スピードオーバー(speeding)、スピー
ド違反 (speeding ticket)、バッテリー上がり (dead battery)、パンク (flat tire) など、とにかくたくさんある。

 

There's lots of Japanese English regarding cars, too. Check out the list above. 

 

4。スポーツ用語。殆どのスポーツは海外から日本に入るので外来語と和製英語が沢山あることが当たり前だ。山ほどあるけど、1番面白いやつをリストアップ(使っちゃった。。。)しようかな。

 

4. Sports Terms. Since most sports come from abroad into Japan, it makes sense that much of the vocabiulary does too. There are tons, but I'm just going to list my favorites. 

 

  • フライング (false start)
  • ヘディング (header)
  • ランニングホームラン (inside-the-park homerun)
  • デッドボール (hit-by-pitch)
  • ストレート(fastball)
  • サヨナラホームラン (walk-off homerun)
  • グラウンド (sports field or pitch)
  • ナイスシュート!(Nice shot!)
  • バッティングセンター(Batting cages)
5。スローガン。日本の会社は広告のスローガンで和製英語をよく使う。今日話したいのは二つある。まず、日立の「Inspire the Next。」聞いたことあるやろう?日本中、どこ見てもこのスローガンをよく見るやん。英語の響きは相当いい。Inspireは日本語で「感動させる」、「奮い立たせる] だ。このスローガンの狙っている意味はわかりますか。私が思うのは、「次の世代を奮い立たせよう」だ。でも文法的な問題がわかる?英語では、[next]は形容詞だ。だから、[next]の後に絶対に名詞が来ないと。そうしないと、「Inspire the next?????」何?の意味になる。日本語でいうと、「次の。。。。を奮い立たせよう。」ずっと、このスローガンを見るたびに不思議に思った。なぜ、このデカくて、お金持ち日立は、全国に拡散するスローガンの英語チェックしなかったと?今日は答えがわかった。色々調べた結果、Inspire the Next は世界中のスローガンだということだ。相当ビックリした。このかっこいい英語は、日本人だけじゃなくて、世界中の人々の心に響くからマジインパクトが強い。だから、英語間違えてもいい。間違えたほうがいい。考えて。マックの [I'm Loving It] もそう。文法は微妙におかしいけど、おかしいからこそ頭に残る。アディダスの [Impossible is nothing] もそうバイ。文法的に [Nothing is impossible] は正しいけど、単語の並び順を逆にするインパクトは半端ない。だって、英語がおかしいスローガンは、絶対に忘れないやろう。だから、こういうことを作文で書いたら先生に怒られるけど、マーケティングの仕事で使ったら昇進される。最後に言いたいのは、英語が苦手な日本人は、絶対に [Inspire the Next Generation] を覚え切らん。そうやろう?やっぱり日立、マック、アディダスは天才だ。
 
 
5. Slogans. The last thing I want to talk about is two slogans used all over Japan. The first one is the slogan "Inspire the Next." There is probably no one in Japan that hasn't seen this slogan on a sign or in a commercial. Sounds really powerful, doesn't it? In English, the word "inspire" means to motivate someone to do something great. I am not sure, but I suspect that Hitachi's intended meaning is "Inspire the Next Generation." But do you see the problem with the English grammar? "Next" is an adjective, and in this sentence, coming after the verb "inspire," must be followed by a noun. Without it, you are left thinking, "Inspire the next what??" I have always wondered why Hitachi didn't make an effort to have a native speaker check a slogan that was to be used in a nationwide ad campaign. I know they have access to both English speakers and money.  But today as I researched this online I found out why. It's not a Japanese English slogan after all, but a global one. I can't believe it. But if you think about it, it's genius. Bad English will stick in the heads of English speakers too. Take the McDonalds slogan "I'm loving it." We normally wouldn't use the present continuous for "love" like that, but that slogan rings in the head of people all over the world. And the Adidas slogan "Impossible is Nothing" is genius as well, although your grammar teacher would cover your essay in red if you ever wrote that in an essay. So it turns out,  Hitachi, Adidas, and McDonalds don't care about bad English--in fact it's probably deliberate.  Bad grammar seems to sell whatever language you speak. And after all, the English-complex ladened Japanese would have a horrible time remembering, "Inspire the Next Generation" anyway. Right? The marketing department at McDonalds, Hitachi, and Adidas are geniuses. 
 もう一つは、ヤマダ電機のスローガン「For Your Just.」日本語に訳するとバリバリかっこいい。「あなたにちょうどいい」けど、日立のスローガンと同じように文法はめちゃくちゃだ。けど、日立の場合、名詞を付けるだけで素敵な英語になる。でもこのスローガンは問題だらけだ。justの後に名詞を付けてても、意味がわからんまま。実は、「あなたにちょうどいい」のぴったり英語がない。一生懸命考えたけど、やっぱりない。[Just right for you] はあり得るけど、なんか、ダサイ。結論は、問題だらけの [For Your Just] を使いなさい。日本人はかっこいいと思っているからさ。
 

Do you know the slogan on the side of every Yamada Denki Electronics store in Japan? It is "For Your Just." Sounds really cool if you translate it directly into Japanese, but just like the Hitachi slogan, this one is a huge grammatical mess. It is actually much worse. You can fix the Hitachi slogan merely by adding a noun, but for this one, even if you add a noun it is still a mess. In fact, there is no good English translation for the Japanese phrase, "Anata ni chodo ii." I thought hard, but the best I could come up with was "Just right for you" I guess the grammar is okay, but it is so not cool. So, my conclusion is, Yamada Denki should just keep on using "For Your Just." Because, hey, the Japanese think it is cool. 
 
といういわけで、アンちゃんの和製英語講座が終了いたしました。勉強になったろう?外来語(カタカナ用語)は日本語の10%だ。和製英語を加えると, それ以上にある。外来語と和製英語は英語を習っている日本人を混乱させるかもしれんけど、ほかの国の人と比べると、英語の由来がある単語を沢山知っている。外来語と和製英語を区別することができるようになったら、どんだけ英語がうまくなるやろう?頑張ってね!アンちゃん准教授は応援している
らさ。和製英語は日本人の性格にちょうどいいやね。やっぱりFor your justを使わざるを得ないバイ。
 
So there you have it. Anne Sensei's Japanese English class is done. I hope you learned something you didn't know. Foreign loanwords borrowed from Western languages make up 10% of the Japanese vocabulary, and it is even more if you add in Japanese English. And while both loanwords and Japanese English terms have the potential to confuse Japanese learners of English, just think how awesome of an English speaker you would be if you could learn to separate real English from Japanese English. You can do it! Anne Sensei is cheering you on. I think that Japanese English fits the Japanese character perfectly. Yeah, it is for their just.
 
 

バストアップに気をつけるべき三つの理由

 

  メルマガやってます

   ご登録はこちらから

    

    

 

 

 

 

最近は、腹筋女子が注目されるようになり、

 

インスタグラムやブログには、鍛え上げられた腹筋などの写真を載せている方も多いです。

 

腹筋女子とは、ジムや筋トレをはじめとするトレーニングを行い、

 

きれいなウエストラインを手に入れた女性のことを言い、

 

SNS上で美しい腹筋の画像や鍛え方などを掲載してくれているのです。

 

 

 

 

成功している方はOKです!

 

つまり、成功されている方は、この記事をこのまま読み続けなくてOKですよ。

 

 

 

 

でも、中には成功できない人もいます。

 

目標に達成できない、夢を叶えることができない、

 

いつものように3日坊主で終わってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

 

SNSに載せている腹筋女子にならなくても、

 

せめて後3kg落としたい、ウエストを5cmダウンさせたい、という目標でも、

 

「今日だけはまあいっか!」「明日からがんばろう」と思って、

 

ダイエットを成功させる方は少ないのかなと思います。

 

 

 

 

 

しかし、ダイエットはバストアップよりもとても簡単です。

 

なぜなら、バストアップは、ないものを増やすのだから時間がかかって当然。

 

でも、ダイエットはついてしまった脂肪を取り除くのだから、そこまで時間はかからないのです。

 

 

 

 

なのに、これが成功できない、目標達成ができない、という方は、

 

本当は痩せたくないのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

おっぱいヨガは、バストアップだけでなく、峰不二子ちゃん風の色気あるボディへ仕上げていきます。

 

そこでやはりバストアップもダイエットもメンタルが一番強化しなければならない部分です。

 

正直、バストアップやダイエット法などは、ネットなどで情報が溢れ出しており、

 

正しい方法を行えば、誰でも成功できるのです。

 

 

 

 

 

 

でも、成功するには、やり抜く力がないから。

 

やり抜く力を直訳すると、「歯をギシっと言わせる」ことらしいです。

 

これを聞くと、むっちゃ努力しなあかんやん!人の何十倍と頑張らないとあかん、などと、

 

精神的に疲れてしまうぐらいのことをしなければならないとあなたは思うかもしれませんね。

 

 

 

確かにそうなのかもしれませんが、これでは誰もやりたくありません。

 

もちろん、私もダイエットやバストアップは成功していないし、

 

こんな苦労するようなこともおすすめしません。

 

 

 

 

 

あなた(周り)からみたら、腹筋女子たちは食事制限をしたり、筋トレをしたり、と

 

努力をさせれている風に見えるかもしれません。

 

でも、当本人たちは、そんなに一所懸命がんばっていないのです。

 

実際にその人たちに聞いてみればわかります。

 

「アブクラックス(美しい三本線の腹筋)を作るために、むっちゃ努力されていますよね?」

 

と、尋ねたなら、

 

彼女たちは、「努力??私はそんなに努力していませんよ。

 

動くことが好きだから、毎日動いているだけですよ。」と言った答えが返ってくるはずです。

 

 

 

 

 

これは、その人にとって当たり前すぎることなのです。

 

決して、「やらなければいけない」という思いで、

 

ダイエットやバストアップをしているわけではないのです。

 

 

 

もしあなたがこんなふうになってしまえば、とても楽だと思いませんか。

 

今日も腹筋20回を3セットやらなければ・・・と思わなくていいんですよ。

 

 

 

 

「~しなければいけない」と思って行うと、なかなか持続することができません。

 

だから、今のあなたは目標や夢が叶えられていないのでは?!

 

でも、当然のように、自然のように、愉しみながら、あなたの生活の一部として行動でき、

 

美しいボディが手に入るならいいと思いませんか。

 

 

 

 

 

 

今回は特別 東京にてワークショップを開催します。

 

 

無意識に自然とあなたがバストアップやダイエットなどが当然のようにできてしまう方法をお伝えします。

 

この方法を覚えてしまえば、何度もあなた自身で実践可能です。

 

 

 

 

そろそろ言い訳する女から脱出しませんか。

 

 

 

日時:9月3日(日)14:00~(5時間ほど)

場所:東京大井町

お申込みはから

(当日の講師は私ではありませんw、が!

おっぱいヨガレッスンでお伝えしていることをしっかりと持って帰って頂けます)

 

 

 

月乃ジュンのおっぱいヨガLINE始めました!

※うまく登録できない場合は、@pje0766@ で検索してください。

 

 

 

  メルマガやってます

   ご登録はこちらから

    

    

 

関連記事